排水管の水漏れ修理をプロに任せる理由

排水管の水漏れは、突然汚水が噴き出す、じわじわといつの間にか異臭と共に広がるケースなどがあります。排水管 水漏れは水道管の漏水よりもはるかにやっかいです。水道管のトラブルは程度によってはDIYできますが、排水用の管の内部は汚物を含んだ汚水ですので素人の手にあまります。修理を完璧にやらないと何度もトラブルに見舞われる懸念もありますので、法律などで定めた資格者を有する工事店に任せるのが最良の選択です。

■排水管水漏れ修理に必要な資格と技術や法律

排水管 水漏れトラブルが起きたら修理工事が必要ですが、上下水道に関する工事はだれでもできるわけではありません。上水の安定供給と下水の衛生処理システムは社会の共有財産です。工事には法律などで定められた有資格者が必要ですし、工事自体は地方自治体がそれぞれ認定している指定工事店が行うというのが原則です。
水系統の工事に関する資格のうちメインとなるのは、水道工事を監督する国家資格の給水装置工事主任技術者、建物の管工事に関わる総合的な業務を行える管工事施工管理技士、安全で衛生的な飲料水を提供する水道の維持管理を行う技術面での責任者になる水道技術管理者に加え、排水設備工事の指定工事店に任命されるために必要な資格を有する下水道排水設備工事責任技術者です。下水道の設計業務や工事を行うのは各地方自治体が策定した条例によって認可登録された指定工事店であることが原則になっていますが、指定工事店の認可を受けるためにはこの責任技術者が専任されていることなどが求められます。排水管が水漏れしたら慌ててしまいますので、無資格業者に依頼してしまうということもあり得ます。違法と判断されたら再工事ということにもなりかねませんので、事前に業者を決めておくとスムーズです。

■排水管の水漏れを解決するプロの確かな目と技術

下水道の排水設備工事責任技術者は、高度な専門知識と技術を有しています。この資格を得るには各都道府県単位で実施されている試験に合格することが必要です。排水設備工事の際に有資格者が必要な理由は、個人宅から伸びる排水管は最終的には公共の下水道設備に直結しているからです。公共下水道は社会全体の衛生管理上極めて重要な設備ですから排水施設設置工事には確かな知識と技術を持つ有資格者が必要とされています。
資格の有効期間は5年間であり、5年ごとに更新講習を受講した上で再登録を行うことが定められています。新設工事だけでなく、水漏れトラブル時の補修工事にも迅速かつ的確に工事対応する能力を持っています。こうした有資格者を抱えている優良な工事店をあらかじめ調べておくといざという時安心です。

■まとめ
下水を家屋から公共エリアに流し出す排水管の水漏れ事故は、衛生面などから見ると上水道の漏水事故より事態が深刻になることがあります。できるだけ迅速確実に排水管 水漏れトラブルをストップさせて再発しないように修理を依頼する必要があります。そのためには日ごろからどこの指定工事店の評判が良いかをチェックしておき、連絡先を確認しておくことが大切です。世の中にはいろいろな工事店がありますので、下水道の排水設備工事責任技術者については、雇用確認だけでなく資格の有効期限も確認しておけば万全です。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ